「日経新春杯2020」「京成杯2020」の見解【競馬予想記事】

2020年競馬予想記事
【PR】今週の無料情報提供レース【決定】

⇒ 9月26日(日) 中山11R「オールカマー(G2)」
専属馬券師の厳選情報!毎週無料で買い目をご提供!
60日間の完全保障付き!

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

 

本日の馬券の成果は如何だったでしょうか?

 

本日の「F式」対象全鞍は4鞍の公開で的中は1鞍に留まりました。

今日は天候と馬場が目まぐるしく変化する難しい状況でしたが、明日は天候が安定するかと思いますので、馬場傾向も把握しやすくなるとみています。

 

何とか軸馬の精度を安定させ、明日は着実に巻き返したいと思います。

 

ということで早速ですが、本題の明日の「F式」重賞予想、「日経新春杯(G2)」「京成杯(G3)」の見解に行きたいと思います。

 

まずは先に「日経新春杯」の見解から行きます。

参考として「日経新春杯」のアドバンス指数をご覧下さい。

 

日経新春杯2020のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 アフリカンゴールド ???%
2 レッドジェニアル ???%
3 レッドレオン ???%
4 タイセイトレイル 11.7%
5 ロードヴァンドール 10.3%
6 サトノガーネット 5.1%
7 チェスナットコート 3.3%
8 モズベッロ 3.1%
9 メロディーレーン 2.3%
10 マスターコード 0.9%
11 サイモンラムセス 0.7%
12 スズカディープ 0.5%
13 エーティーラッセン 0.3%
14 プリンスオブペスカ 0.2%

 

指数順位1~3位の期待勝率はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~3位付近に書いてあります。

 

 

日経新春杯2020 前日17時30分現在の単勝人気上位

1 レッドジェニアル 4.1
2 モズベッロ 4.5
3 レッドレオン 6.0
4 アフリカンゴールド 6.2
5 メロディーレーン 6.5
6 タイセイトレイル 10.0

 

人気はこの時点ではレッドジェニアルが4.1倍で1番人気。

続いてモズベッロ、レッドレオン、アフリカンゴールド、メロディーレーンまでが10倍未満のオッズとなっている。

戦前の予想とはかなり異なるオッズ順となっているが、やはりハンデ戦らしくオッズはかなりの割れ模様となっている。

 

日経新春杯2020 展開予想

展開は先行しそうなのは、エーティーラッセンやサイモンラムセスのほかにも何頭かいるが、陣営コメントの雰囲気からエーティーラッセンがハナに行く可能性が最も高そう。

人気処の位置取りはアフリカンゴールドが好位の5~6番手、レッドジェニアルは中団付近、タイセイトレイルとサトノガーネットは中団よりも後方寄りのポジションとなりそう。

エーティーラッセンが逃げると想定した場合、1000M通過は61~62秒ぐらいのやや緩めのペースになると予想。

 

日経新春杯2020 見解

さて、今年の日経新春杯は14頭立で重賞勝ち馬は2頭のみで格上挑戦の馬も4頭含まれていますので、ややレベルの低いメンバーになったかと思います。

 

週の始めにアップしたブログの記事やYoutubeの動画ではアフリカンゴールドを推奨しましたが、期待勝率???%で指数順位は1位となっています。

アフリカンゴールドはステイゴールド産駒の5歳のセン馬で、前走はアルゼンチン共和国杯(G2)に出走しましたが、1番人気で3着という結果でした。

重賞での馬券圏内歴は前走のアルゼンチン共和国杯3着のみですが、昨年夏頃に去勢手術をしてからは明らかにレース振りが安定してきています。

前走と比べればメンバーレベルは明らかに楽になっているにも関わらず、ハンデはアルゼンチン共和国杯と同じ55キロに留まっているのは明らかに有利にみえます。

 

そこで、このレースは当初の予定通りアフリカンゴールドを軸とする馬券を組みたいと思います。

どちらを軸にするかに関しては、この後のYotube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

 

続いて「京成杯」の見解に行きます。

参考として「京成杯」のアドバンス指数をご覧下さい。

 

京成杯2020のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 ヒュッゲ ???%
2 ディアスティマ ???%
3 ロールオブサンダー ???%
4 キムケンドリーム 6.8%
5 スカイグルーヴ 5.8%
6 ヴィアメント 5.7%
7 ゼノヴァース 5.0%
8 ビターエンダー 4.6%
9 リメンバーメモリー 4.2%
10 キングオブドラゴン 2.1%
11 チュウワジョーダン 1.1%
12 クリスタルブラック 0.3%

 

指数順位1~3位の期待勝率はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~3位付近に書いてあります。

 

 

京成杯2020 前日17時30分現在の単勝人気上位

1 スカイグルーヴ 2.2
2 ヒュッゲ 5.9
3 ゼノヴァース 6.9
4 キングオブドラゴン 10.0
4 ビターエンダー 10.0
6 ロールオブサンダー 12.6

 

人気はこの時点ではスカイグルーヴが2.2倍で1番人気。

続いてヒュッゲ、ゼノヴァースまでが10倍未満のオッズとなっている。

こちらも戦前の予想とは多少異なるオッズ順となっているが、やはりスカイグルーヴにかなりの人気が集まる模様。

 

京成杯2020 展開予想

展開は先行しそうな馬は何頭かいるもののロールオブサンダーかヒュッゲが逃げ馬候補となるが、恐らくヒュッゲのほうがハナに行く可能性が高いとみる。

人気処の位置取りはロールオブサンダーが逃げ馬直後の2番手付近、ゼノヴァースとスカイグルーヴは好位の4~5番手付近、ディアスティマは中団付近のポジションとなりそう。

ヒュッゲが逃げると想定した場合、1000M通過は60~61秒ぐらいの平均ペースぐらいになると予想。

 

京成杯2020 見解

さて、今年の京成杯は12頭立てとなりましたが、近年のこのレースの傾向に倣ってある程度素質の高そうな馬が集まった感があります。

 

週の始めにアップしたブログの記事やYoutubeの動画ではヒュッゲを推奨しましたが、期待勝率???%で指数順位は1位となりました。

ヒュッゲはハーツクライ産駒の牡馬で前走は阪神芝2000Mのエリカ賞(1勝クラス)に出走し、3番人気でしたが見事1着となっています。

その前走はハナを切って逃げる形となりましたが、直線に入って追ってからの反応も良く終いの脚もシッカリしており、前走同じレースに出走していて今回ある程度人気になるディアスティマ(3着)を完封しています。

 

そこで、このレースは当初の予定通りヒュッゲを軸とする馬券を組みたいと思います。

相手馬の絞り込みについては、この後のYotube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

結論の印と買い目は、有料会員方は別途、明日の午前中までにメールを送らせて頂きます。

 

また、明日の「F式」対象全鞍のラインナップは「激熱」5鞍となっています。

「F式」厳選1鞍の対象レースは、明日は「激熱」の1鞍目から行く予定ですが、最終的に絞った買い目については明日の午前中までに配信させて頂きます。

 

最後に・・・

この後22時から明日の「日経新春杯(G2)」「京成杯(G3)」に関するYoutube生放送を行いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

「競馬新聞ゼロ」 Youtubeチャンネル
⇒ https://www.youtube.com/channel/UCBDdRc7wovawI90dAvSsIhg

 

明日も、どうかご期待下さい!

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

タイトルとURLをコピーしました