【根岸ステークス2020】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

2020年競馬予想記事
【PR】今週の無料情報提供レース【決定】

⇒ 9月26日(日) 中京11R「神戸新聞杯(G2)」
専属馬券師の厳選情報!毎週無料で買い目をご提供!
60日間の完全保障付き!

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

 

2020年2月2日(日)に行われる「根岸ステークス2020」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

今年で34回目を迎える「根岸ステークス」は東京ダート1400Mで行われる古馬のG3重賞です。
東海ステークス(G2)と並んでこのレースも、フェブラリーステークスに向けた重要ステップレースとなっています。
昨年はコパノキッキングがマーフィー騎手騎乗で勝ち、本番のフェブラリーステークス(G1)は藤田菜七子騎手騎乗で5着となっています。
過去10年の1番人気馬の戦績は3-3-0-4、勝率30%、連対率60%、複勝率60%ということで、1番人気馬の信頼度はほぼ標準的な数値となっています。

 

根岸ステークス2020 出走予定馬

登録馬は以下の22頭となっています。

 

馬名 性齢 斤量 調教師
アードラー 牡6 56 (栗)音無秀孝
イーグルバローズ 牡6 56 (美)堀宣行
カフジテイク 牡8 56 (栗)湯窪幸雄
クリノケンリュウ 牡6 56 (栗)藤沢則雄
コパノキッキング セ5 58 (栗)村山明
サングラス 牡9 56 (栗)谷潔
ジャスパープリンス 牡5 56 (栗)森秀行
スマートアヴァロン 牡8 56 (栗)西園正都
スマートダンディー 牡6 56 (栗)石橋守
ダノンフェイス 牡7 56 (栗)大久保龍
テーオージーニアス 牡5 56 (栗)梅田智之
テーオーヘリオス 牡8 56 (栗)梅田智之
ドリームキラリ 牡8 56 (栗)矢作芳人
ドリュウ 牡5 56 (美)土田稔
ノボバカラ 牡8 56 (栗)森秀行
ブルベアイリーデ 牡4 56 (栗)杉山晴紀
ミッキーワイルド 牡5 56 (栗)安田隆行
モズアスコット 牡6 58 (栗)矢作芳人
ヨシオ 牡7 56 (栗)森秀行
ロワアブソリュー 牡7 56 (栗)須貝尚介
ワイドファラオ 牡4 58 (栗)角居勝彦
ワンダーリーデル 牡7 57 (栗)安田翔伍

 

予想オッズ

1 コパノキッキング 2.0
2 ミッキーワイルド 5.7
3 ワイドファラオ 9.5
4 モズアスコット 10.9
5 ワンダーリーデル 11.5
6 ダノンフェイス 14.4

 

予想オッズ上位人気馬の見解

コパノキッキング

戦績15戦9勝 栗東・村山明
父Spring At Last 母父Gold Halo

前走はカペラS(G3)に出走し、2番人気だったが見事1着。
昨年はマーフィー騎手騎乗でこのレースを勝っており、本番のフェブラリーステークスは距離が長かったせいもあるが5着止まりとなっている。
人気にはなると思うが、短距離のダートでは現役屈指の存在なのでさすがに無視は出来ないと思える。

 

ミッキーワイルド

戦績14戦4勝 栗東・安田隆行
父ロードカナロア 母父ファルブラヴ

前走は東京ダート1400Mの霜月S(オープン)に出走し、1番人気に応えて見事1着。
重賞実績は昨年のプロキオンS(G3)の2着というのがあるだけだが、ダートではこれまで9戦走って3-5-1-0と全く崩れていない。
未だこれから強くなる余地もあるので、コノ馬も有力な1頭には間違いなさそう。

 

ワイドファラオ

戦績9戦3勝 栗東・角居勝彦
父ヘニーヒューズ 母父アグネスタキオン

前走はチャンピオンズカップ(G1)に出走し、9番人気14着。
直近の2戦は古馬の一流処との対戦で案外な結果に終わっているが、4走前にユニコーンS(G3)を勝っている点は評価出来る。
芝の重賞NZT(G2)を勝っていることから能力自体は相当ある馬だと思えるので、本質的にベストと思える東京ダート1400Mなら巻き返しは可能か。

 

モズアスコット

戦績19戦5勝 栗東・矢作芳人
父Frankel 母父Hennessy

前走はマイルCS(G1)に出走し、7番人気14着。
2018年の安田記念(G1)を勝った馬だがその後はスワンS(G2)で2年連続2着となっているものの勝ち鞍はない。
今回初のダート挑戦となるが、芝で頭打ちとなった馬がこういう形で出てくるパターンは厳しい結果に終わるのがほとんど。
ある程度の人気になるようならバッサリと消す判断になりそう。

 

ワンダーリーデル

戦績27戦7勝 栗東・安田翔伍
父スタチューオブリバティ 母父マヤノトップガン

前走はチャンピオンズカップ(G1)に出走し、11番人気11着。
前走はさすがに距離が長く大敗したが、2走前にコノ馬は武蔵野S(G3)を勝っている。
本質的なベスト距離は1400Mだと思えるので、今回は巻き返す可能性は十分あるか。

 

ダノンフェイス

戦績22戦6勝 栗東・大久保龍志
父キングカメハメハ 母父アグネスタキオン

前走は京都ダート1400MのすばるS(L)に出走し、4番人気だったが見事1着。
2走前に武蔵野S(G3)で13番人気ながら3着に好走しており、明け7歳馬だがここ最近はかなり調子を上げている。
コノ馬もベストは1400Mだと思えるので、ここでも好走は可能とみる。

 

現時点での狙い馬候補

コノ馬、属性は地味だが昨年は使う毎に指数をグングン上げて来ている。
今回はベストに近い条件で十分勝ち負けになるとみている。

 

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~2位ぐらいに書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

 

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

タイトルとURLをコピーしました