「京都記念2020」「共同通信杯2020」の見解【競馬予想記事】

2020年競馬予想記事
【PR】今週の無料情報提供レース【決定】

⇒ 9月19日(日) 中京11R「ローズステークス(G2)」
専属馬券師の厳選情報!毎週無料で買い目をご提供!
60日間の完全保障付き!

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

 

本日の馬券の成果は如何だったでしょうか?

 

本日の「F式」対象全鞍は4鞍の公開で4鞍とも的中という結果でしたが、配当的には見るべきものが無く不満が残る結果だったかと思います。

 

明日こそは大満足頂ける結果を出したいと思いますので、どうかご期待頂ければと思います。

 

ということで早速ですが、本題の明日の「F式」重賞予想「京都記念(G2)」「共同通信杯(G3)」の見解に行きたいと思います。

 

まずは先に「京都記念」の見解から行きます。

参考として「京都記念」のアドバンス指数をご覧下さい。

 

京都記念2020のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 カレンブーケドール ???%
2 クラージュゲリエ ???%
3 クロノジェネシス ???%
4 ステイフーリッシュ 10.3%
5 ノーブルマーズ 4.2%
6 ドレッドノータス 1.4%
7 アメリカズカップ 1.1%
8 プリンスオブペスカ 0.7%
9 アルメリアブルーム 0.3%
10 ガンコ 0.2%

 

指数順位1~3位の期待勝率はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~3位付近に書いてあります。

 

 

京都記念2020 前日17時00分現在の単勝人気上位

1 クロノジェネシス 2.5
2 カレンブーケドール 2.8
3 ステイフーリッシュ 4.5
4 アルメリアブルーム 11.9
5 ドレッドノータス 13.7
6 ノーブルマーズ 14.4

 

人気はこの時点ではクロノジェネシスが2.5倍で1番人気。

続いてカレンブーケドール、ステイフーリッシュまでが10倍未満のオッズとなっている。

戦前の予想とは多少異なるオッズ順となっているが、やはりクロノジェネシスとカレンブーケドールの牝馬2頭にかなりの人気が集まる模様。

 

京都記念2020 展開予想

展開はコレと言った逃げ・先行タイプの馬が不在で読み辛いが、行く可能性がある馬としてはドレッドノータス、アメリカズカップ、ガンコ辺りでこのなかならドレッドノータスが行く可能性が最も高いか。

人気処の位置取りはカレンブーケドールが好位の3~4番手、クロノジェネシスとステイフーリッシュは中団付近のポジションとなりそう。

ドレッドノータスが逃げると想定した場合、1000M通過は61~62秒台ぐらいのスローペースになると予想。

 

京都記念2020 見解

さて、今年の京都記念はクラージュゲリエが取消で9頭立てと少頭数となり、メンバーレベルも例年よりもやや落ちる感じですが、人気上位の馬と下位の馬がハッキリ分かれるメンバー構成となっています。

 

週の始めにアップしたブログの記事やYoutubeの動画ではカレンブーケドールを推奨しましたが、期待勝率???%で指数順位は1位となっています。

カレンブーケドールはディープインパクト産駒の4歳牝馬で前走はジャパンカップ(G1)に出走し、5番人気でしたが2着に好走しています。

意外にも未だ重賞勝ちが無い馬ですが、G1レースでの2着が既に3回(オークス、秋華賞、JC)もあるのは立派の一言に尽きます。

これまで馬券圏外は1回(4着が1回)のみと非常に堅実で、コースや馬場状態を問わずどんな条件でも好走出来るというのは本当に強い馬にしか出来ないことでもあります。

本来のコノ馬の目標はこの先のレースだと思いますが、今回のメンバーでアテになるのはコノ馬ぐらいしか見当たりません。

 

そこで、このレースは当初の予定通りカレンブーケドールを軸とする馬券を組みたいと思います。

相手馬の絞り込みに関しては、この後のYotube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

 

続いて「共同通信杯」の見解に行きます。

参考として「共同通信杯」のアドバンス指数をご覧下さい。

 

共同通信杯2020のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 マイラプソディ ???%
2 フィリオアレグロ ???%
3 ダーリントンホール ???%
4 ビターエンダー 9.1%
5 ココロノトウダイ 6.9%
6 エン 3.7%
7 シコウ 1.6%
8 アジュバント 1.6%
9 シングンバズーカ 1.3%

 

指数順位1~3位の期待勝率はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~3位付近に書いてあります。

 

 

共同通信杯2020 前日17時00分現在の単勝人気上位

1 マイラプソディ 1.4
2 フィリオアレグロ 4.5
3 ダーリントンホール 7.5
4 ココロノトウダイ 13.3
5 ビターエンダー 17.6
6 エン 24.5

 

人気はこの時点ではマイラプソディが1.4倍で1番人気。

続いてフィリオアレグロ、ダーリントンホールまでが10倍未満のオッズとなっている。

こちらはほぼ戦前の予想通りのオッズ順となっており、やはりマイラプソディが断然の1番人気になりそうな気配となっている。

 

共同通信杯2020 展開予想

展開は先行しそうな馬としてはシコウと川崎所属のエン辺りだと思うが、大外枠でもシコウのほうがハナに行く可能性が高いか。

人気処の位置取りはダーリントンホールが好位の2~3番手付近、ビターエンダーとマイラプソディは中団付近で、フィリオアレグロは中団よりも後方寄りのポジションとなりそう。

シコウが逃げると想定した場合、1000M通過は60秒前後の平均かやや遅いペースになると予想。

 

共同通信杯2020 見解

さて、共同通信杯のほうも9頭立てと少頭数となりましたが、好素質馬と言える馬が何頭か参戦しているのでメンバーレベル的には例年並み以上と言えるかも知れません。

近年はこのレースの勝ち馬が春のクラシックでかなり活躍していることもあり、その点からも大注目のレースかと思います。

 

週の始めにアップしたブログの記事やYoutubeの動画ではフィリオアレグロを推奨しましたが、期待勝率???%で指数順位は1位のマイラプソディそれほど差のない2位となっています。

フィリオアレグロはディープインパクト産駒の牡馬で前走は東京芝2000Mの新馬戦に出走し、1番人気に応えて見事1着となっています。

その前走の新馬戦の勝ちタイムが2分01秒7ということで、重馬場だったこともありタイム自体は目立ちませんが、メンバーレベルはかなり高かったと思います。

半兄が香港ヴァーズと宝塚記念を勝ったサトノクラウンで、その兄と比較してもこの時点でのスケール感では見劣りしない感じがしますし、キャリアの浅さという不安点よりも期待感のほうが完全に上回る感じもします。

マイラプソディがかなりの人気と注目を集めると思いますが、そのマイラプソディを力で負かせる可能性があるのはコノ馬しかいないとみています。

 

そこで、このレースは当初の予定通りフィリオアレグロを軸とする馬券を組みたいと思います。

相手馬の絞り込みに関しては、この後のYotube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

結論の印と買い目は、有料会員の方には別途、明日の午前中までにメールを送らせて頂きます。

 

また、明日の「F式」対象全鞍のラインナップは「激熱」3鞍、「万券予告」1鞍の合計4鞍となっています。

「F式」厳選1鞍の対象レースは、明日は「激熱」の2鞍目から行く予定ですが、最終的に絞った買い目については明日の午前中までに配信させて頂きます。

 

最後に・・・

この後22時から明日の「京都記念(G2)」「共同通信杯(G3)」に関するYoutube生放送を行いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

「競馬新聞ゼロ」 Youtubeチャンネル
⇒ https://www.youtube.com/channel/UCBDdRc7wovawI90dAvSsIhg

 

明日も、どうかご期待下さい!

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

タイトルとURLをコピーしました