「フェブラリーステークス2020」「小倉大賞典2020」の見解【競馬予想記事】

2020年競馬予想記事
【PR】今週の無料情報提供レース【決定】

⇒ 10月3日(日) 中山11R「スプリンターズステークス(G1)」
専属馬券師の厳選情報!毎週無料で買い目をご提供!
60日間の完全保障付き!

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

 

本日の馬券の成果は如何だったでしょうか?

 

本日の「F式」対象全鞍は5鞍の公開で全5鞍的中という結果でした。

好配当と呼べる的中はあまりありませんでしたが、それなりの結果だったかと思います。

本日の「F式」対象全鞍の予想結果はコチラ⇒ https://keiba0.com/yosou/20200222/

 

今日は峰岸のドンズバ予想のほうも好調だったようで、メルマガの最後に峰岸の予想ブログについてのご案内もありますので、そちらも是非ご覧頂ければと思います。

 

ということで早速ですが、本題の明日の「F式」重賞予想「フェブラリーステークス(G1)」「小倉大賞典(G3)」の見解に行きたいと思います。

 

まずは先に「小倉大賞典」の見解から行きます。

参考として「小倉大賞典」のアドバンス指数をご覧下さい。

 

小倉大賞典2020のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 ヴェロックス ???%
2 ジナンボー ???%
3 テリトーリアル ???%
4 エメラルファイト 6.3%
5 レイホーロマンス 4.7%
6 カデナ 4.3%
7 タニノフランケル 2.3%
8 アロハリリー 1.3%
9 アウトライアーズ 1.0%
10 ナイトオブナイツ 0.7%
11 アンノートル 0.7%
12 サイモンラムセス 0.4%
13 ドゥオーモ 0.3%
14 ランスオブプラーナ 0.2%

 

指数順位1~3位の期待勝率はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~3位付近に書いてあります。

 

 

小倉大賞典2020 前日17時30分現在の単勝人気上位

1 ヴェロックス 1.6
2 ジナンボー 7.2
3 エメラルファイト 14.5
4 カデナ 14.8
5 テリトーリアル 15.0
6 タニノフランケル 16.5

 

人気はこの時点ではヴェロックスが1.6倍で1番人気。

続いてジナンボーまでが10倍未満のオッズとなっている。

ほぼ戦前の予想通りのオッズ順となっており、やはりヴェロックスにかなりの人気が集まる模様。

 

小倉大賞典2020 展開予想

展開はサイモンラムセス、タニノフランケル、ランスオブプラーナ辺りが先行すると思うが、このなかならサイモンラムセスがハナに行く可能性が最も高いか。

人気処の位置取りはヴェロックスが好位の3~4番手、その直後辺りにジナンボーが付け、テリトーリアルとレイホーロマンスは中団付近、カデナは中団よりも後方寄りのポジションとなりそう。

サイモンラムセスが逃げると想定した場合、1000M通過は60秒前後の平均ペースぐらいになると予想。

 

小倉大賞典2020 見解

さて、今年の小倉大賞典はヴェロックスがこのレースを使ってきたことで俄然注目を集めるレースとなりました。

3歳牡馬三冠レースですべて馬券圏内に入った馬が、明け4歳2月の時点でローカルハンデ重賞に出てくるのは異例中の異例とも言えますが、陣営が今後を見据えて慎重にレース選択したと思われることから、川田騎手がフェブラリーステークスに出ずにこのレースに出走することからも取りこぼしは許されない状況と思われます。

 

週の始めにアップしたブログの記事やYoutubeの動画ではジナンボーを推奨しましたが、期待勝率???%で指数順位は2位となっています。

前走はさすがにG1でメンバーレベルが高く大敗しましたが、2走前に新潟記念(G3)でクビ差の2着に好走しており、三冠牝馬アパパネの仔という超良血馬らしい素質の片鱗をみせつつあります。

断然人気のヴェロックスと同じ金子オーナーが馬主で、今回のメンバーでヴェロックスを負かすのはコノ馬ぐらいしかいない気がします。

 

そこで、このレースは当初の予定通りジナンボーを軸とする馬券を組みたいと思います。

相手馬の絞り込みに関しては、この後のYotube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

 

続いて肝心の「フェブラリーステークス」の見解に行きます。

参考として「フェブラリーステークス」のアドバンス指数をご覧下さい。

 

フェブラリーステークス2020のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 モズアスコット ???%
2 ヴェンジェンス ???%
3 インティ ???%
4 ワンダーリーデル 8.9%
5 タイムフライヤー 7.2%
6 デルマルーヴル 5.4%
7 アルクトス 4.7%
8 サンライズノヴァ 4.4%
9 ワイドファラオ 4.0%
10 キングズガード 3.9%
11 モジアナフレイバー 3.6%
12 ミッキーワイルド 2.9%
13 ミューチャリー 2.4%
14 ケイティブレイブ 2.1%
15 ノンコノユメ 1.4%
16 ブルドッグボス 1.0%

 

指数順位1~3位の期待勝率はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~3位付近に書いてあります。

 

 

フェブラリーステークス2020 前日17時30分現在の単勝人気上位

1 モズアスコット 2.9
2 インティ 3.6
3 サンライズノヴァ 6.9
4 アルクトス 8.0
5 ノンコノユメ 19.2
6 ヴェンジェンス 19.7

 

人気はこの時点ではモズアスコットが2.9倍で1番人気。

続いてインティ、サンライズノヴァ、アルクトスまでが10倍未満のオッズとなっている。

こちらもほぼ戦前の予想通りのオッズ順となっており、やはりモズアスコットとインティの2頭に人気が集まっている模様。

 

フェブラリーステークス2020 展開予想

展開はインティかケイティブレイブがハナに行くと思われるが、長岡禎仁騎手を乗せて来たケイティブレイブが外枠からでもハナを獲りに行く可能性があるとみている。

人気処の位置取りはインティが逃げ馬直後のの2番手付近、その直後にアルクトスが付け、モズアスコットとヴェンジェンスは中団付近、サンライズノヴァとノンコノユメは中団よりも後方寄りのポジションとなりそう。

ケイティブレイブが逃げると想定した場合、1000M通過は59秒前後の平均かやや速いぐらいのペースになると予想。

 

フェブラリーステークス2020 見解

さて、今年最初の中央競馬のG1レースとなるフェブラリーステークスはフルゲートの16頭立てとなりましたが、地方所属馬が実質4頭(現地方所属馬3頭+前走まで地方所属だった1頭(ブルドックボス))が含まれるという近年稀に見るメンバー構成になったかと思います。

この路線のトップクラスの馬の何頭か(クリソベリル、ゴールドドリーム、チュウワウィザード、オメガパフューム)が出ていないため、明らかに飛車角落ちのメンバーレベルになっているかと思いますので、例年なら厳しいと思われるような馬でも十分チャンスがあるとみています。

 

週の始めにアップしたブログの記事やYoutubeの動画ではヴェンジェンスを推奨しましたが、期待勝率???%で指数順位は1位のモズアスコットから少し離された2位となっています。

ヴェンジェンスはカジノドライヴ産駒の7歳牡馬で前走は東海S(G2)に出走し、3番人気で2着となっています。

その前走の東海Sではメンバー最速の脚を繰り出しましたが、勝ったエアアルマスを惜しくも半馬身捕えきれずという非常に惜しい内容でした。

しかしながら、今回人気となるインティにはキッチリ先着していますし、勝ったエアアルマスは今回不在ですので、普通に考えれば今回当然ながら有力となる筈ですが、思いのほか人気になりそうにありません。

 

そこで、このレースは当初の予定通りヴェンジェンスを軸とする馬券を組みたいと思います。

相手馬の絞り込みに関しては、この後のYotube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

結論の印と買い目は、有料会員の方には別途、明日の午前中までにメールを送らせて頂きます。

 

また、明日の「F式」対象全鞍のラインナップは「激熱」4鞍、「万券予告」1鞍の合計5鞍となっています。

「F式」厳選1鞍の対象レースは、明日は「激熱」の1鞍目から行く予定ですが、最終的に絞った買い目については明日の午前9時までに配信させて頂きます。

 

最後に・・・

この後22時から明日の「フェブラリーステークス(G1)」「小倉大賞典(G3)」に関するYoutube生放送を行いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

「競馬新聞ゼロ」 Youtubeチャンネル
⇒ https://www.youtube.com/channel/UCBDdRc7wovawI90dAvSsIhg

 

それと、いつも私とYoutube生放送に出演している峰岸の件なのですが、

ドンズバ予想は本日2/22(土)提供レース2鞍が何れも◎→○で決まるなど、

回収率は単勝225%、馬連212.5%と大幅プラス収支を達成したようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[1]東京1R 3歳未勝利 牝馬 ダ1400M 10:10発走

【予想印】
◎ 5クールマキシマム 1着
○ 4ディアコニア 2着
▲ 16トリッチトラッチ 4着

【指定買い目】
単勝 5 50%
馬連 5 ⇒ 4,16 各25%

◎5クールマキシマムは使われる毎にレース内容が良くなり、
前走(0秒2差2着)も展開のアヤで先に抜け出す形となった分の負け。
状態は申し分無く引き続き牝馬限定戦なら今度こそ!
相手は骨折明けも仕上がり良く初戦から互角以上に戦える○4ディアコニア、
前走(0秒4差3着)内容から東京ダート1400Mへの適性がありブリンカー着用で前進可能▲16トリッチトラッチ。

【結果】
単勝300円、馬連480円的中!

====================================

[2]京都2R 3歳未勝利 ダ1200M 10:30発走

【予想印】
◎ 12ファイヤーテーラー 1着
○ 14テイエムイダテン 2着
▲ 1アーマーバローズ 5着

【指定買い目】
単勝 12 50%
馬連 12 ⇒ 14,1 各25%

◎12ファイヤーテーラーは期待の割に今一つの競馬が続いていたが、
距離を短縮した前走が自身初となるメンバー最速上がりを記録し0秒3差2着を確保する上々の内容。
先行馬が揃った今回は展開も有利で引き続き1200Mならキッチリ差し切る!
相手はダート転向後2戦続けて1200Mで2着に好走中○14テイエムイダテン、
7ヶ月ぶりの出走もジックリ乗り込み仕上がり良くダート替わりも魅力▲1アーマーバローズ。

【結果】
単勝150円、馬連370円的中!

====================================

ドンズバ予想は1日2鞍に絞り、買い目は単勝(1点)、馬連(2点)と至ってシンプルで、

派手な高配当の的中はありませんが、コツコツ的中を積み重ねていて、

通算478レース提供しプラス収支をキープし続けているようです。

峰岸のほうも頑張っておりますので、もしよろしければ、峰岸のほうの予想やメルマガもお付き合い頂けると嬉しく思います。

峰岸の無料メルマガはコチラからメルアドの登録だけで直ぐに出来ますので、よろしくお願いいたします!

 

⇒ http://minekeiba.com/?page_id=222

 

明日も、どうかご期待下さい!

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

タイトルとURLをコピーしました