【阪神大賞典2020】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

2020年競馬予想記事
【PR】今週の無料情報提供レース【決定】

⇒ 9月26日(日) 中山11R「オールカマー(G2)」
専属馬券師の厳選情報!毎週無料で買い目をご提供!
60日間の完全保障付き!

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

2020年3月22日(日)に行われる「阪神大賞典2020」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

今年で68回目を迎える「阪神大賞典」は阪神芝3000Mで行われる古馬のG2重賞です。
天皇賞(春)を見据えた古馬の一線級の馬が出走してくるレースとなっていますが、近年は超一流馬が天皇賞(春)を目標としないケースが増えており、年によってはG1級の馬がほとんど出てこない年も出て来ています。
今年は一応G1馬が出走予定となっているものの、ひと昔前のメンバーレベルと比べると少々寂しいメンバーとなりそうです。
過去10年の1番人気馬の戦績は6-2-2-0、勝率60%、連対率80%、複勝率100%ということで、私の知る限り直近の10年で複勝率100%の重賞はこのレースだけだと思いますので、1番人気馬の信頼度はかなり高いレースと言えます。

 

阪神大賞典2020 出走予定馬

登録馬は以下の10頭となっています。

 

馬名 性齢 斤量 調教師
キセキ 牡6 57 (栗)角居勝彦
タイセイトレイル 牡5 56 (栗)矢作芳人
トーセンカンビーナ 牡4 55 (栗)角居勝彦
ドレッドノータス セ7 57 (栗)矢作芳人
ボスジラ 牡4 55 (美)国枝栄
ムイトオブリガード 牡6 57 (栗)角田晃一
メイショウテンゲン 牡4 55 (栗)池添兼雄
メロディーレーン 牝4 53 (栗)森田直行
ユーキャンスマイル 牡5 56 (栗)友道康夫
レノヴァール 牡5 56 (栗)高野友和

 

予想オッズ

1 キセキ 2.4
2 ユーキャンスマイル 3.9
3 ムイトオブリガード 6.8
4 メイショウテンゲン 9.3
5 ボスジラ 11.3
6 トーセンカンビーナ 12.9

 

予想オッズ上位人気馬の見解

キセキ

戦績20戦4勝 栗東・角居勝彦
父ルーラーシップ 母父ディープインパクト

前走は有馬記念(G1)に出走し、7番人気5着。
2017年の3歳秋に菊花賞(G1)を勝ち、その後2年以上勝ち鞍が無いが、その間も2018年のジャパンカップ(G1)2着や昨年の大阪杯(G1)と宝塚記念(G1)で2着に好走するなど随所に地力の高さを示している。
今回は相手関係がかなり楽なので人気にはなるだろうが、さすがに無視は出来ないか。

 

ユーキャンスマイル

戦績14戦5勝 栗東・友道康夫

父キングカメハメハ 母父ダンスインザダーク

前走はジャパンカップ(G1)に出走し、4番人気5着。
さすがにジャパンカップはメンバーレベルが高かったのと馬場も合わず致し方ない結果だったと思える。
菊花賞(G1)3着、天皇賞(春)5着と長距離での実績には問題無いが、左回りに比べて右回りではパフォーマンスが確実に下がる点がどうしても気になる。
コノ馬に関しては思っていたよりも人気になるようなら敢えて軽視するかも知れない。

 

ムイトオブリガード

戦績22戦6勝 栗東・角田晃一

父ルーラーシップ 母父サンデーサイレンス

コノ馬も前走はジャパンカップ(G1)に出走し、7番人気8着。
コノ馬もユーキャンスマイル同様にジャパンカップはメンバーレベルが高かったのと馬場も合わず致し方ない結果だったと思える。
2走前にアルゼンチン共和国杯(G2)を勝っており、今回のメンバーレベルなら十分戦える地力は示している。
長い距離も合っているので、今回のメンバーレベルなら好勝負は可能か。

 

メイショウテンゲン

戦績12戦2勝 栗東・池添兼雄
父ディープインパクト 母父フレンチデピュティ

前走はダイヤモンドステークス(G3)に出走し、3番人気2着。
その前走は直線後方からメンバー最速の脚を使って追い込んだが、最低人気のミライヘノツバサに惜しくもハナ差及ばなかった。
3歳春に弥生賞(G2)を勝ってから長らく低迷が続いていたが、2走前のステイヤーズS(G2)で4着に好走してからは再浮上モードに入った可能性が高い。
そうなればこの条件でならこのメンバーレベルでもかなりやれそうな気がしている。

 

ボスジラ

戦績8戦4勝 美浦・国枝栄
父ディープインパクト 母父Mr. Greeley

前走は東京芝2400Mの早春S(3勝クラス)に出走し、1番人気に応えて見事1着。
これで1勝クラス、2勝クラス、そして前走の3勝クラスと3連勝を挙げている。
兄弟馬にスプリングS(G2)を勝ったマウントロブソンや菊花賞(G1)3着のポポカテペトルいて血統的にも筋が通っており、近走は走る毎にグングン指数を上げてきている。
今回は一気にメンバーレベルが上がるが、この勢いなら重賞初挑戦でもいきなり通用しても不思議ではないか。

 

トーセンカンビーナ

戦績12戦4勝 栗東・角居勝彦
父ディープインパクト 母父Hawk Wing

前走は京都芝2400Mの松籟S(3勝クラス)に出走し、1番人気に応えて見事1着。
2億5千万円近くの高額取引馬で、2歳から3歳春ぐらいまでは伸び悩んでいたが、
3歳9月に1勝クラスを勝ち上がるとそこから軌道に乗って一気にオープンまで駆け上がってきた。
コノ馬もボスジラ同様に勢いがあるので、ここでもいきなり通用する可能性はあるかも知れない。

 

現時点での狙い馬候補

コノ馬にとってさすがに今回は相手関係が楽。
地力の違いをみせつけて圧勝の可能性もあり得るとみている。

 

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~2位ぐらいに書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

 

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

タイトルとURLをコピーしました