「函館記念2020」「中京記念2020」の見解【競馬予想記事】

2020年競馬予想記事
【PR】今週の無料情報提供レース【決定】

⇒ 9月26日(日) 中山11R「オールカマー(G2)」
専属馬券師の厳選情報!毎週無料で買い目をご提供!
60日間の完全保障付き!

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

 

本日の馬券の成果は如何だったでしょうか?

 

本日の「F式」対象全鞍は4鞍の公開で2鞍的中という結果でしたが、的中した2鞍は◎軸馬が1着で相手も拾えて良かったものの、外した2鞍が案外過ぎる結果で後味が悪かったかと思います。

 

明日こそは全鞍的中させて、梅雨明けを引き寄せる好結果を叩き出したいと思います!

 

ということで早速ですが、本題の明日の「F式」重賞予想「函館記念(G3)」「中京記念(G3)」の見解に行きたいと思います。

 

まずは先に「函館記念」の見解から行きます。

参考として「函館記念」のアドバンス指数をご覧下さい。

 

函館記念2020のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 カウディーリョ ???%
2 レイエンダ ???%
3 ミスマンマミーア ???%
4 トーラスジェミニ 10.2%
5 ランフォザローゼス 9.7%
6 ベストアプローチ 9.1%
7 レッドサイオン 6.6%
8 バイオスパーク 6.4%
9 マイネルファンロン 5.1%
10 レイホーロマンス 3.4%
11 ニシノデイジー 2.8%
12 プレシャスブルー 2.5%
13 スズカロング 2.0%
14 ナイトオブナイツ 1.7%
15 ドゥオーモ 1.3%
16 アドマイヤジャスタ 1.3%

 

指数順位1~3位の期待勝率はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~3位付近に書いてあります。

 

 

函館記念2020 前日18時10分現在の単勝人気上位

1 レイエンダ 4.6
2 カウディーリョ 5.6
3 トーラスジェミニ 7.4
4 ニシノデイジー 9.0
5 ベストアプローチ 9.1
6 バイオスパーク 10.8

 

人気はこの時点ではレイエンダが4.6倍の1番人気。

続いてカウディーリョ、トーラスジェミニ、ニシノデイジー、ベストアプローチまでが10倍未満のオッズとなっている。

ほぼ戦前の予想に近いオッズ順となっており、ローカルハンデ重賞らしくオッズ的にも大混戦模様となっている。

 

函館記念2020 展開予想

展開は他にコレと言った強力な同型馬が見当たらないので、巴賞と同様にトーラスジェミニがハナに行く可能性がかなり高いとみる。

人気処の位置取りはバイオスパークとカウディーリョが好位の3~4番手付近、レイエンダは中団付近、レッドサイオンとミスマンマミーアは中団よりも後方寄りのポジションとなりそう。

トーラスジェミニが逃げると想定した場合、1000M通過は61~62秒ぐらいの平均か平均よりもやや遅めのペースになると予想。

 

函館記念2020 見解

さて、今年の函館記念はフルゲートの16頭立てとなりましたが、メンバーレベル的には例年と比べるとやや低調なメンバーになったかと思います。

また、ハンデは上が57キロ(レイエンダ)、下が51キロ(レイホーロマンスとスズカロング)と上下6キロ差となっています。

 

週始めにアップしたブログ記事やYoutube動画ではカウディーリョを推奨しましたが、期待勝率???%ですが、指数がかなり割れているため指数順位はギリギリで1位となっています。

カウディーリョはキングカメハメハ産駒の4歳牡馬で前走は東京芝2400MのメトロポリタンS(L)に出走し、2番人気でしたが結果は4着となっています。

コノ馬の母がディアデラノビア(フローラS、京都牝馬S、愛知杯など重賞3勝馬)という良血馬で8戦4勝ながら2着と3着が1回もない、いわゆる「ピンかパー」という戦績となっています。

しかし、負けた4回のうち3回は左回りの東京コース、残り1回は3000Mの菊花賞、勝った4回は全て右回りの小回りコースという感じで案外傾向はハッキリしています。

そして、今回がその右回りの小回りコースになりますので、ハンデ55キロで5番枠、コノ馬で2戦2勝の藤岡佑介騎手なら推せない理由が見当たりません。

 

そこで、このレースは当初の予定通りカウディーリョを軸とする馬券を組みたいと思います。

相手馬の絞り込みについては、この後のYotube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

 

続いて「中京記念」の見解に行きます。

参考として「中京記念」のアドバンス指数をご覧下さい。

 

中京記念2020のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 ソーグリッタリング ???%
2 ケイアイノーテック ???%
3 ディメンシオン ???%
4 トロワゼトワル 7.3%
5 ロードクエスト 7.2%
6 ギルデッドミラー 5.2%
7 ベステンダンク 5.2%
8 リバティハイツ 4.2%
9 ミッキーブリランテ 4.1%
10 ストーミーシー 3.3%
11 ラセット 3.0%
12 レッドレグナント 2.6%
13 プリンスリターン 1.4%
14 ブラックムーン 1.3%
15 エントシャイデン 1.0%
16 メイケイダイハード 0.7%
17 ペプチドバンブー 0.4%
18 ハッピーアワー 0.4%

 

指数順位1~3位の期待勝率はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~3位付近に書いてあります。

 

 

中京記念2020 前日18時10分現在の単勝人気上位

1 ギルデッドミラー 4.0
2 ケイアイノーテック 5.3
3 ソーグリッタリング 7.1
4 トロワゼトワル 7.4
5 プリンスリターン 12.3
6 ベステンダンク 12.9

 

人気はこの時点ではギルデッドミラーが4.0倍の1番人気。

続いてケイアイノーテック、ソーグリッタリング、トロワゼトワルまでが10倍未満のオッズとなっている。

こちらは戦前の予想とは少し異なるオッズ順となっており、どうやらギルデッドミラーが1番人気になりそうな気配となっている。

 

中京記念2020 展開予想

展開はこのメンバー構成ならトロワゼトワルが順当にハナに行く可能性が高いとみる。

人気処の位置取りはギルデッドミラーは好位の3~4番手付近、中団よりも少し前目付近にソーグリッタリングが付け、ケイアイノーテックは中団よりも後方寄りのポジションとなりそう。

トロワゼトワルが逃げると想定した場合、1000M通過は58~59秒ぐらいの馬場を考慮すると平均ぐらいのペースになると予想。

 

中京記念2020 見解

さて、その名の通り例年だと中京で行われる中京記念ですが、イレギュラーな日程のために今年は阪神の芝1600Mで行われます。

頭数はフルゲートの18頭立てとなり、ハンデは上が57キロ(ベステンダンク、ロードクエスト、ケイアイノーテック、ソーグリッタリング)、下が51キロ(レッドレグナント、ギルデットミラー)と上下6キロ差となっていますが、メンバーレベル的には例年よりやや低調なレベルかと思います。

 

週始めにアップしたブログ記事やYoutube動画ではソーグリッタリングを推奨しましたが、期待勝率???%で指数順位は1頭だけかなり抜けた1位となっています。

ソーグリッタリングはステイゴールド産駒の6歳牡馬で、前走は東京芝1800MのエプソムC(G3)に出走し、5番人気でしたが2着となっています。

その前走は軸に推しましたが、不良馬場にもめげずに良い脚で伸びたものの、惜しくもダイワキャグニーを捕えるところまでは至りませんでした。

今回は前走よりも相手関係が多少楽になっていますので、今度こそは待望の重賞初勝利を手にするとみています。

 

そこで、このレースは当初の予定通りソーグリッタリングを軸とする馬券を組みたいと思います。

相手馬の絞り込みについては、この後のYotube生放送でもう少し踏み込みたいと思います。

結論の印と買い目は有料会員の方には別途、明日の午前中までにメールを送らせて頂きます。

 

また、明日の「F式」対象全鞍のラインナップは「激熱」5鞍となっています。

「F式」厳選1鞍の対象レースは、明日は「激熱」の2鞍目から行く予定ですが、最終的に絞った買い目については明日の午前中までに配信させて頂きます。

 

最後に・・・

この後22時から明日の「函館記念(G3)」「中京記念(G3)」に関するYoutube生放送を行いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

「競馬新聞ゼロ」 Youtubeチャンネル
⇒ https://www.youtube.com/channel/UCBDdRc7wovawI90dAvSsIhg

 

明日も、どうかご期待下さい!

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

タイトルとURLをコピーしました