【札幌記念2020】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

2020年競馬予想記事
【PR】今週の無料情報提供レース【決定】

⇒ 9月26日(日) 中京11R「神戸新聞杯(G2)」
専属馬券師の厳選情報!毎週無料で買い目をご提供!
60日間の完全保障付き!

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

2020年8月23日(日)に行われる「札幌記念2020」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

今年で56回目を迎える「札幌記念」は札幌芝2000Mで行われる3歳以上のG2重賞です。
サマー2000シリーズの第4戦目として行われるレースですが、ほぼ毎年のようにG1級の馬が出走してきますので、かなりG1のレベルに近いG2競走と言えます。
今年もラッキーライラックやノームコアと言ったG1馬が登録してきていますので、それなりにレベルの高いメンバーとなりそうです。
過去10年の1番人気馬の戦績は2-4-2-2、勝率20%、連対率60%、複勝率80%ということで、勝率は今一つですが連対率と複勝率は高く1番人気馬の信頼度はそれなりに高いレースとなっています。

 

札幌記念2020 出走予定馬

登録馬は以下の13頭となっています。

 

馬名 性齢 斤量 調教師
アドマイヤジャスタ 牡4 57 (栗)須貝尚介
イェッツト 牡5 57 (美)金成貴史
カウディーリョ 牡4 57 (美)堀宣行
トーセンスーリヤ 牡5 57 (美)小野次郎
トーラスジェミニ 牡4 57 (美)小桧山悟
ドレッドノータス セ7 57 (栗)矢作芳人
ノームコア 牝5 55 (美)萩原清
ブラックホール 牡3 54 (美)相沢郁
ペルシアンナイト 牡6 57 (栗)池江泰寿
ポンデザール 牝5 55 (美)堀宣行
マカヒキ 牡7 57 (栗)友道康夫
ラッキーライラック 牝5 55 (栗)松永幹夫
ルミナスウォリアー 牡9 57 (栗)新谷功一

 

予想オッズ

1 ラッキーライラック 2.5
2 ノームコア 3.7
3 アドマイヤジャスタ 9.1
4 トーセンスーリヤ 9.4
5 ブラックホール 12.0
6 マカヒキ 16.7
7 ペルシアンナイト 20.8

 

予想オッズ上位人気馬の見解

ラッキーライラック

戦績16戦6勝 栗東・松永幹夫

父オルフェーヴル 母父Flower Alley

前走は宝塚記念(G1)に出走し、3番人気だったが結果は6着。
その前走の宝塚記念は馬場が合わなかったのか、直線でいつもの伸びがみられなかった。
昨年のエリザベス女王杯(G1)を勝ち、今年の大阪杯(G1)も勝っており、古馬では性別に関係なくトップグループにいる馬なのは間違いない。
相手関係は大幅に楽になるので、有力な1頭になるのは間違いない筈。

 

ノームコア

戦績14戦5勝 美浦・萩原清
父ハービンジャー 母父クロフネ

前走は安田記念(G1)に出走し、7番人気4着。
昨年のヴィクトリアマイル(G1)の勝ち馬で、その後昨年秋の富士S(G3)も勝っている。
今年に入ってから勝ち鞍は無いが、レベルの高いメンバー相手にコノ馬なりの力は示している。
札幌芝2000Mは合いそうな感じもするので、当然コノ馬も有力な1頭になる筈。

 

アドマイヤジャスタ

戦績14戦3勝 栗東・須貝尚介
父ジャスタウェイ 母父エリシオ

前走は函館記念(G3)に出走し、15番人気という低評価だったが見事1着。
2歳時にホープフルS(G1)で2着に好走した実績があったが、その後のすみれS(L)2着以降はほとんどが二桁着順という成績が続いていた。
思えば2走前の鳴尾記念(G3)でやや復調の兆しが窺えていたので、前走はフロックではなく再浮上モード突入契機の可能性がある。
さすがに前走よりは人気になると思うが、それでもそれなりの評価は必要と思える。

 

トーセンスーリヤ

戦績29戦5勝 美浦・小野次郎
父ローエングリン 母父デュランダル

前走は宝塚記念(G1)に出走し、14番人気7着。
2走前に新潟大賞典(G3)を10番人気で勝ち、前走はその勢いで宝塚記念に出走したが逃げて見せ場は作っていた。
如何にも叩き上げという感じの馬でここ最近のレース内容はかなり充実している。
ここ最近は先行して良い結果を出しているので、ここでもスンナリ先行出来れば一発の可能性は大いにありそう。

 

ブラックホール

戦績7戦2勝 美浦・相沢郁
父ゴールドシップ 母父キングカメハメハ

前走は日本ダービー(G1)に出走し、17番人気という低評価だったが7着となっている。
2歳時に札幌2歳S(G3)を勝っているが、その後は馬券圏内に入ったことはない。
それでも前走のダービーはサリオスと同じメンバー中2位タイの脚を使っているので、それなりの評価は出来る。
札幌の適性はある筈なので、人気が無ければ印は拾っても良い気がする。

 

マカヒキ

戦績21戦5勝 栗東・友道康夫

父ディープインパクト 母父フレンチデピュティ

前走は大阪杯(G1)に出走し、7番人気11着。
2016年のダービー馬だが、気が付けばその年の秋にフランス遠征のニエル賞で挙げた勝ち鞍以降はもう4年近く勝っていない。
急激には衰えていないが、少しづつ低下しているのは間違いないのでここからの浮上は残念ながら期待出来そうにない。

 

ペルシアンナイト

戦績25戦4勝 栗東・池江泰寿

父ハービンジャー 母父サンデーサイレンス

前走は宝塚記念(G1)に出走し、13番人気15着。
3歳秋にマイルCS(G1)を勝ち、4歳秋もマイルCSで2着、昨年の5歳秋もマイルCSで3着となっている。
4歳春に大阪杯(G1)での2着以外はマイルCSだけしか好走していないと言っていい。
しかし、昨年のこのレースは豪華メンバー相手に5着には入っているので、他の馬のエラーがあれば馬券圏内ならギリギリあるかも知れないか。

 

現時点での狙い馬候補

このレース、牝馬のG1馬2頭のどちらをとるかだが、どちらもそれほど差は無いとみている。
となれば、妙味を勘案すればコノ馬のほうということになるか。

 

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~2位ぐらいに書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

 

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

タイトルとURLをコピーしました