【カペラステークス2020】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

2020年競馬予想記事
【PR】今週の無料情報提供レース【決定】

⇒ 9月19日(日) 中京11R「ローズステークス(G2)」
専属馬券師の厳選情報!毎週無料で買い目をご提供!
60日間の完全保障付き!

競馬新聞ゼロ管理人のゼロ太郎です。

2020年12月13日(日)に行われる「カペラステークス2020」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

今年で13回目となる「カペラステークス」は中山ダート1200Mで行われる3歳以上のG3重賞です。
ダートのスプリント路線で今後活躍が期待されるような馬が集まるレースとなっており、過去の勝ち馬はこの路線でかなり活躍する馬が多く出ています。
過去10年の1番人気馬の戦績は1-0-1-8、勝率10%、連対率10%、複勝率20%ということで、1番人気馬の信頼度はかなり低いレースとなっています。

 

カペラステークス2020 出走予定馬

登録馬は以下の20頭となっています。

 

馬名 性齢 斤量 調教師
イダペガサス 牡5 56 (美)高柳瑞樹
コパノマーキュリー 牡3 55 (栗)田所秀孝
サイタスリーレッド 牡7 56 (栗)池添兼雄
サブノジュニア 牡6 59 (地)堀千亜樹
シュウジ 牡7 57 (栗)須貝尚介
ジャスティン 牡4 58 (栗)矢作芳人
ジョーカナチャン 牝5 55 (栗)松下武士
スズカコーズライン 牡6 56 (栗)木原一良
ダイメイフジ 牡6 56 (栗)森田直行
ダンシングプリンス 牡4 56 (美)宮田敬介
テーオージーニアス 牡5 56 (栗)梅田智之
デザートストーム 牡6 56 (栗)西浦勝一
デュープロセス 牡4 57 (栗)安田隆行
ドリュウ 牡5 56 (美)土田稔
ノーフィアー 牡6 56 (美)佐藤吉勝
ヒロシゲゴールド 牡5 56 (栗)北出成人
フォーテ 牡3 55 (栗)藤原英昭
ルッジェーロ セ5 56 (美)鹿戸雄一
レッドルゼル 牡4 56 (栗)安田隆行
ロンドンテソーロ 牡4 56 (美)栗田徹

 

予想オッズ

1 ダンシングプリンス 3.5
2 ジャスティン 3.8
3 レッドルゼル 3.9
4 シュウジ 8.1
5 サブノジュニア 9.3
6 ジョーカナチャン 12.5

 

予想オッズ上位人気馬の見解

ダンシングプリンス

戦績8戦6勝 美浦・宮田敬介
父パドトロワ 母父バブルガムフェロー

前走は中山ダート1200Mの外房S(3勝クラス)に出走し、1番人気に応えて見事1着。
中央デビューで芝で未勝利を勝ち上がれず南関東の船橋に一旦転出し、3走前に中央再転入してから破竹の3連勝を挙げている。
勢いでここも突破する可能性は有ると思うが、これまでの勝ち鞍が全て逃げ切り勝ちなので、ハナを切れなかったときにどうなるかの不安が残る。
あまりにも人気になるようなら、敢えて割り引くことになるかも知れない。

 

ジャスティン

戦績19戦7勝 栗東・矢作芳人
父オルフェーヴル 母父Gone West

前走は大井のJBCスプリント(G1)に出走し、1番人気に推されたが結果は8着。
その前走はいつものようにスンナリと先行出来ず脆さを露呈する結果となった。
しかし、2走前の大井の東京盃(G2)を勝っており、スンナリと先行出来た時のパフォーマンスはかなりのものがある。
今回は同型のスピード馬がかなり多く出ているので、展開的には今回も苦しくなる可能性は有るかも知れない。

 

レッドルゼル

戦績13戦6勝 栗東・安田隆行

父ロードカナロア 母父フレンチデピュティ

前走は京都ダート1200Mの室町S(オープン)に出走し、2番人気だったが見事1着。
これまでダート1200Mは2-1-0-0と崩れたことがなく、終いの爆発力はかなりレベルにある。
今回は展開的な恩恵がかなりありそうなので、重賞の実績は無いもののかなりやれそうな気がする。

 

シュウジ

戦績37戦5勝 栗東・須貝尚介
父キンシャサノキセキ 母父Kingmambo

前走は京都ダート1200Mの天王山S(オープン)に出走し、4番人気2着。
デビューから芝を中心に使われてきて、小倉2歳S(G3)や阪神C(G2)を勝っているが、昨年ぐらいからダートの短距離を中心に使われるようになっている。
終いの脚は確実なので、展開が嵌りそうな今回は狙い目になりそうな感じがする。

 

サブノジュニア

戦績36戦12勝 大井・堀千亜樹

父サウスヴィグラス 母父カコイーシーズ

前走は大井のJBCスプリント(G1)に出走し、8番人気だったが見事1着。
地方所属馬のJBCスプリント制覇は昨年のブルドックボスに続く快挙だが、コノ馬は大井生え抜きということで余計に価値が高い。
今回斤量59キロを背負う点がネックになるが、コノ馬も展開が嵌ればここでも好勝負は十分可能とみる。

 

ジョーカナチャン

戦績14戦5勝 栗東・松下武士

父ロードカナロア 母父ネオユニヴァース

前走は京阪杯(G3)に出走し、6番人気12着。
芝では3走前にアイビスSD(G3)を勝っているが、ダートはデビュー2戦目に未勝利を勝ち上がった時以来となる。
ダート適性はそれなりにありそうだが、この路線の猛者が集まる今回は厳しい戦いになる可能性が高い。
しかしながら、思っていたよりも人気にならないなら、印は入れておいても良い気がする。

 

現時点での狙い馬候補

このレース、展開面を考慮すると確実に差してこられる馬を狙いたいが、そうなると一番手はコノ馬か。
まだこれから強くなる余地もある馬で、ここを勝ってこの路線では今後の主役級になるとみている。

 

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~2位付近に書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

 

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

タイトルとURLをコピーしました