【優駿牝馬(オークス)2021】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

2021年競馬予想記事
【PR】今週の無料情報提供レース【決定】

⇒ 10月24日(日) 阪神11R「菊花賞(G1)」
専属馬券師の厳選情報!毎週無料で買い目をご提供!
60日間の完全保障付き!

2021年5月23日(日)に行われる「優駿牝馬(オークス)2021」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

今年で82回目を迎える「優駿牝馬(オークス)」は東京芝2400Mで行われる3歳牝馬限定のG1レースです。
3歳牝馬クラシックの二冠目となるこのレースですが、桜花賞から一気に4ハロン(800M)も距離が延びるため、年によっては桜花賞馬が参戦してこないケースがありますが、今年は桜花賞2着馬のサトノレイナスがダービーに挑戦ということはあるものの、それ以外の桜花賞上位馬は順当にオークスに参戦してきそうです。
ちなみに2010年以降に桜花賞とオークスの二冠を達成した馬は4頭(アパパネ、ジェンティルドンナ、アーモンドアイ、デアリングタクト)は何れも牝馬三冠を達成しています。
過去10年の1番人気馬の戦績は5-2-1-2、勝率50%、連対率70%、複勝率80%ということで、直近は5年連続で1番人気馬が勝っていることもあり、牝馬限定戦の割には1番人気馬の信頼度はかなり高いレースとなっています。

 

優駿牝馬(オークス)2021 出走予定馬

登録馬は以下の21頭となっています。

 

馬名 性齢 斤量 調教師
アールドヴィーヴル 牝3 55 (栗)今野貞一
アカイトリノムスメ 牝3 55 (美)国枝栄
ウインアグライア 牝3 55 (美)和田雄二
エンスージアズム 牝3 55 (栗)安田翔伍
クールキャット 牝3 55 (美)奥村武
ククナ 牝3 55 (美)栗田徹
スウィートブルーム 牝3 55 (美)和田雄二
ステラリア 牝3 55 (栗)斉藤崇史
ストライプ 牝3 55 (美)尾形和幸
スライリー 牝3 55 (美)相沢郁
スルーセブンシーズ 牝3 55 (美)尾関知人
ソダシ 牝3 55 (栗)須貝尚介
タガノパッション 牝3 55 (栗)鮫島一歩
ニーナドレス 牝3 55 (栗)友道康夫
ハギノピリナ 牝3 55 (栗)高野友和
パープルレディー 牝3 55 (美)奥村武
ファインルージュ 牝3 55 (美)木村哲也
ホウオウイクセル 牝3 55 (美)高柳瑞樹
ミヤビハイディ 牝3 55 (美)高橋文雅
メイサウザンアワー 牝3 55 (美)尾関知人
ユーバーレーベン 牝3 55 (美)手塚貴久

 

予想オッズ

1 ソダシ 1.7
2 アカイトリノムスメ 6.3
3 ファインルージュ 7.2
4 ユーバーレーベン 10.9
5 アールドヴィーヴル 17.8
6 クールキャット 23.0

 

予想オッズ上位人気馬の見解

ソダシ

戦績5戦5勝 栗東・須貝尚介

父クロフネ 母父キングカメハメハ

前走は桜花賞(G1 阪神芝1600M)に出走し、2番人気だったが見事1着。
その前走はレース直前に1番人気をサトノレイナスに譲る形となったが、実際のレースでは堂々のレコードで勝ち切っている。
これまで5戦中2戦でレコード勝ちしており、イメージと違って時計対応力が高く、東京競馬場の高速馬場への対応力もかなり高そうな気がする。
2400Mの距離も他の馬よりかは対応力が高そうなので、人気でもさすがに逆らえないレベルに達していると思える。

 

アカイトリノムスメ

戦績5戦3勝 美浦・国枝栄

父ディープインパクト 母父キングカメハメハ

前走は桜花賞(G1 阪神芝1600M)に出走し、4番人気4着。
新馬戦は7着に負けたものの、そこらから3連勝でクイーンC(G3 東京芝1600M)を勝ち、前走の桜花賞に挑んでいた。
母が三冠牝馬のアパパネでアパパネの仔としてはかなり優秀な馬だと思うが、距離適性は本質的にはマイルから2000Mぐらいという感じがする。
それでもポテンシャル自体が高いのは言うまでもないので、今回は馬券圏内もあると思える。

 

ファインルージュ

戦績4戦2勝 美浦・木村哲也

父キズナ 母父ボストンハーバー

前走は桜花賞(G1 阪神芝1600M)に出走し、8番人気だったが3着に好走。
デビュー2戦目に東京芝1400Mの未勝利戦を勝ち上がり、2走前にフェアリーS(G3 中山芝1600M)を勝っている。
血統的には距離延長が合わなそうな感じに見えるが、走り自体は距離を延ばしてパフォーマンスを上げているので、同世代の牝馬同士ならこなせる可能性はありそうな気がする。

 

ユーバーレーベン

戦績6戦1勝 美浦・手塚貴久

父ゴールドシップ 母父ロージズインメイ

前走はフローラS(G2 東京芝2000M)に出走し、2番人気だったが結果は3着。
毎回終いの脚は確実で、前走もメンバー最速の上り脚を繰り出したが、前も止まらずという感じだった。
今回、距離延長がプラスになりそうなのは良いのだが、馬体重が3戦続けてマイナスでこの3戦で30キロも減っているのはかなり気になる。
さすがにこれ以上減るのは厳しいと思えるので、馬体の回復と仕上がり次第という気がする。

 

アールドヴィーヴル

戦績3戦1勝 栗東・今野貞一

父キングカメハメハ 母父ディープインパクト

前走は桜花賞(G1 阪神芝1600M)に出走し、5番人気5着。
新馬戦を勝って2戦目のクイーンC(G3 東京芝1600M)で2着に好走して前走の桜花賞は僅か3戦目での挑戦だった。
コノ馬も使う毎に馬体をかなり減らしている点が気になるので、まずは馬体の回復と仕上がり次第という感じになるか。

 

クールキャット

戦績5戦2勝 美浦・奥村武

父スクリーンヒーロー 母父ダンスインザダーク

前走はフローラS(G2 東京芝2000M)に出走し、5番人気だったが見事1着。
東京芝1400Mの新馬戦を勝った後、アルテミスS(G3)5着、フェアリーS(G3)10着、フラワーC(G3)5着と重賞で跳ね返されていたが、前走は新馬戦以来のルメール騎手が騎乗で見事に勝っている。
今回はルメール騎手から乗り替わりになりそうだが、血統的には距離延長は良さそうなので、軽視は禁物という感じがする。

 

現時点での狙い馬候補

今年のオークスはソダシの軸は仕方ないとして、相手探しのレースとなる。
相手として狙いたいコノ馬は、桜花賞の内容の割にそれほど人気にならなそうで、距離延長も問題無く最も狙い目になりそうか。

 

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの2~3位ぐらいに書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

 

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

タイトルとURLをコピーしました