【七夕賞2021】出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

2021年競馬予想記事
【PR】今週の無料情報提供レース【決定】

⇒ 9月26日(日) 中山11R「オールカマー(G2)」
専属馬券師の厳選情報!毎週無料で買い目をご提供!
60日間の完全保障付き!

2021年7月11日(日)に行われる「七夕賞2021」の出走予定馬と予想オッズ、ならびに上位人気になりそうな馬の見解について書かせて頂きます。

今年で57回目を迎える「七夕賞」は福島芝2000Mで行われる3歳以上のG3のハンデ重賞です。
サマー2000シリーズの開幕戦として行われるレースでローカルハンデ重賞の中でも屈指の「荒れる重賞」というイメージでしたが、ここ最近は荒れる年と荒れない年が混在している感じとなっています。
過去10年の1番人気馬の戦績は2-1-1-6、勝率20%、連対率30%、複勝率40%ということで、1番人気馬の信頼度はローカルハンデ重賞らしく低目のレースとなっています。

 

七夕賞2021 出走予定馬

登録馬は以下の17頭となっています。

 

馬名 性齢 調教師
アールスター 牡6 (栗)杉山晴紀
アバルラータ 牝7 (栗)鮫島一歩
カウディーリョ 牡5 (美)堀宣行
クラージュゲリエ 牡5 (栗)池江泰寿
クレッシェンドラヴ 牡7 (美)林徹
ショウナンバルディ 牡5 (栗)松下武士
スカーフェイス 牡5 (栗)橋田満
ツーエムアロンソ 牡5 (栗)本田優
トーラスジェミニ 牡5 (美)小桧山悟
トラストケンシン 牡6 (美)高橋文雅
ブラックマジック 牡4 (美)戸田博文
プレシャスブルー 牡7 (美)相沢郁
マウントゴールド 牡8 (栗)池江泰寿
ロザムール 牝5 (美)上原博之
ワーケア 牡4 (美)手塚貴久
ワンダープチュック 牡7 (栗)河内洋
ヴァンケドミンゴ 牡5 (栗)藤岡健一

 

予想オッズ

1 クレッシェンドラヴ 3.7
2 トーラスジェミニ 4.5
3 ヴァンケドミンゴ 6.6
4 マウントゴールド 8.8
5 ワーケア 9.7
6 クラージュゲリエ 13.7

 

予想オッズ上位人気馬の見解

クレッシェンドラヴ

戦績26戦7勝 美浦・林徹

父ステイゴールド 母父Sadler’s Wells

前走は大阪杯(G1 阪神芝2000M)に出走し、8番人気11着。
昨年のこのレースの勝ち馬で、2019年には福島記念も勝っているので同条件の重賞を2勝している。
直近の4戦は馬券圏内に来ていないが、メンバーレベルが高く致し方ないか。
今回は大幅に相手関係が楽になるので、ハンデ次第では今年も勝ち負けになりそうか。

 

トーラスジェミニ

戦績28戦7勝 美浦・小桧山悟

父キングズベスト 母父マンハッタンカフェ

前走は安田記念(G1 東京芝1600M)に出走し、13番人気だったが掲示板に乗る5着に大善戦している。
その前走の安田記念はハナはダイワキャグニーに譲ったが、スンナリ2番手を先行して直線もかなり粘っていた。
重賞での馬券圏内歴は昨年のエプソムC(G3)3着しかないがオープン格以上のレースで3勝の実績があるので、相手関係が楽になる今回は当然勝ち負けになりそう。

 

ヴァンケドミンゴ

戦績22戦4勝 栗東・藤岡健一

父ルーラーシップ 母父アグネスタキオン

前走は福島民報杯(L 新潟芝2000M)に出走し、4番人気だったが13着に大敗。
これまでの4勝は全て福島芝コースで、福島芝は6回走って4-1-1-0とスペシャリスト的な適性を誇っている。
直近3戦のの内容はかなり悪いが、ここを目標にしてきているのは明白なのでコノ馬も軽視は禁物という感じがする。

 

マウントゴールド

戦績25戦8勝 栗東・池江泰寿

父ステイゴールド 母父Mt. Livermore

前走は都大路S(L 中京芝2000M)に出走し、7番人気だったが見事1着。
重賞は2018年にチャレンジC(G3 阪神芝2000M)2着という実績がある。
それ以降はほとんど好走歴が無かったが、前走で約2年半振りの勝ち鞍を挙げているので、ステイゴールド産駒特有の成長力をここに来て示している可能性がある。
福島も過去に好走歴があるので、軽視は禁物という感じがする。

 

ワーケア

戦績7戦2勝 美浦・手塚貴久

父ハーツクライ 母父Oratorio

前走は富士S(G2 東京芝1600M)に出走し、8番人気8着。
2歳時にホープフルS(G1)3着、3歳春に弥生賞(G2)2着など、この頃まではかなり期待されていたが、その後は案外なレースが続いている。
古馬との対戦になってからは完全に壁に当たっている印象で、元々小回りコースも合っていない印象なので、久々ということもあるがかなり苦しい気がする。

 

クラージュゲリエ

戦績11戦2勝 栗東・池江泰寿

父キングカメハメハ 母父タニノギムレット

前走は鳴尾記念(G3 中京芝2000M)に出走し、4番人気7着。
4走前のアンドロメダS(L)2着、3走前の日経新春杯(G2)3着で古馬との対戦での目途が付いたようにみえたが、直近の2戦は案外な結果に終わっている。
今回も結果が出ないようだとここで頭打ちという感じになりそうだが、未だ見限れない感じもするので、人気次第ではヒモに入れる可能性は残しているか。

 

現時点での狙い馬候補

コノ馬、属性がかなり地味だが毎回のように人気以上の着順に来るので地力は確か。
今回は相手関係的にかなり楽になっているので、自分の競馬に持ち込みさえすれば当然勝ち負けとなる筈か。

 

現時点の狙い馬候補は ⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~2位ぐらいに書いてありますので是非チェックしてみて下さい。

 

レース前日に無料会員様向けのメールマガジンにて、レース展開や馬券の組み方(軸馬やヒモについて)の直前見解を配信いたしますので、未だ当サイトの無料会員にご登録されてない方はこの機会にご登録頂ければと思います。

無料のメールマガジンの登録はコチラからお願いします。
http://bit.ly/keiba0muryou

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

タイトルとURLをコピーしました