「京成杯オータムハンデキャップ2021」「セントウルステークス2021」の見解【競馬予想記事】

2021年競馬予想記事
【PR】今週の無料情報提供レース【決定】

⇒ 9月26日(日) 中山11R「オールカマー(G2)」
専属馬券師の厳選情報!毎週無料で買い目をご提供!
60日間の完全保障付き!

本日の馬券の成果は如何だったでしょうか?

 

本日の「F式」対象全鞍は3鞍の公開で的中は1鞍に留まりました。

唯一的中した中京7R「激熱」の馬連の配当がそれなりに付きましたので、馬連だけはプラスになっているものの、トータルとしてはかなり物足りない結果に終わりました。

 

開幕週ということで、馬場傾向がかなりハッキリしており、明日もこの傾向が引き継がれる可能性が濃厚ですので、明日は大きく巻き返したいと思います!

 

ということで早速ですが、本題の明日の「F式」重賞予想「京成杯オータムハンデキャップ(G3)」「セントウルステークス(G2)」の見解に行きたいと思います。

 

まずは先に「京成杯オータムハンデキャップ」の見解から行きます。

参考として「京成杯オータムハンデキャップ」のアドバンス指数をご覧下さい。

 

京成杯オータムハンデキャップ2021のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 グレナディアガーズ ???%
2 マルターズディオサ ???%
3 バスラットレオン ???%
4 カテドラル 7.4%
5 ステルヴィオ 4.6%
6 グランデマーレ 3.8%
7 マイスタイル 2.7%
8 ベステンダンク 2.2%
9 カレンシュトラウス 2.2%
10 カラテ 1.9%
11 スマートリアン 1.8%
12 レイエンダ 1.7%
13 コントラチェック 1.5%
14 スマイルカナ 1.1%
15 ワイドファラオ 1.0%
16 アカノニジュウイチ 0.6%

 

指数順位1~3位の期待勝率はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~2位付近に書いてあります。

 

 

京成杯オータムハンデキャップ2021 前日17時35分現在の単勝人気上位

1 グレナディアガーズ 3.4
2 バスラットレオン 6.6
3 カラテ 7.0
4 マルターズディオサ 8.5
5 グランデマーレ 9.0
6 カレンシュトラウス 10.6

 

人気はこの時点ではグレナディアガーズが3.4倍の1番人気。

続いてバスラットレオン、カラテ、マルターズディオサ、グランデマーレまでが10倍未満のオッズとなっている。

戦前の予想とは少し異なる人気順となっているが、どうやらグレナディアガーズが1番人気になりそうな売れ方となっている。

 

京成杯オータムハンデキャップ2021 展開予想

展開はバスラットレオンかマイスタイルのどちらかがハナに行くと思うが、恐らくバスラットレオンのほうがハナに行く可能性が高いか。

人気処の位置取りは、グレナディアガーズとマルターズディオサは好位の3~4番手、グランデマーレはほぼ中団付近、カラテは中団よりも後方寄りののポジションとなりそう。

バスラットレオンが逃げると想定した場合、1000M通過は57~58秒ぐらいの平均か平均よりも速めのペースとなりそうか。

 

京成杯オータムハンデキャップ2021 見解

さて、今年の京成杯オータムハンデキャップはフルゲートの16頭立てとなりましたが、ハンデは上が58キロ(ステルヴィオ)、下が53キロ(スマートリアン、アカノニジュウイチ)と上下5キロ差開いており、少し力差の開いたメンバー構成かと思います。

 

週の始めにアップしたブログの記事やYoutubeの動画ではマルターズディオサを推奨しましたが、期待勝率???%で指数順位は2位となっています。

マルターズディオサはキズナ産駒の4歳牝馬で前走はヴィクトリアマイル(G1 東京芝1600M)に出走し、7番人気で9着という結果でした。

コノ馬、2歳時に阪神JF(G1)で2着に好走し、3歳春にはチューリップ賞(G2)を勝ち、3歳秋には紫苑S(G3)を勝つなど、この世代の牝馬としてはトップグループの1頭として活躍してきました。

古馬との対戦となってからは本質的なスピード能力を活かして短めの距離にシフトしており、阪神カップ(G2 阪神芝1400M)で2着の結果も残しています。

元々、中山芝は2回走って2-0-0-0と負けたことが無く得意としており、今回のメンバーでこのハンデなら十分勝ち負けになるとみています。

 

そこで、このレースは当初の予定通りマルターズディオサを軸とする馬券を組みたいと思います。

相手馬の絞り込みについては、この後のYotube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

 

続いて、「セントウルステークス」の見解に行きます。

参考として「セントウルステークス」のアドバンス指数をご覧下さい。

 

セントウルステークス2021のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 レシステンシア ???%
2 ピクシーナイト ???%
3 タイセイビジョン ???%
4 ジャンダルム 6.2%
5 カレンモエ 5.4%
6 クリノガウディー 5.1%
7 レッドアンシェル 3.1%
8 ラウダシオン 2.6%
9 メイショウチタン 1.7%
10 シャインガーネット 1.7%
11 ボンボヤージ 1.5%
12 シゲルピンクルビー 1.5%
13 ラヴィングアンサー 1.1%
14 ナランフレグ 1.0%
15 ベストアクター 0.8%
16 シャンデリアムーン 0.4%
17 ジャスティン 0.4%

 

指数順位1~3位の期待勝率はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~2位付近に書いてあります。

 

 

セントウルステークス2021 前日17時35分現在の単勝人気上位

1 レシステンシア 2.0
2 ピクシーナイト 4.7
3 カレンモエ 7.0
4 クリノガウディー 10.5
5 ラウダシオン 11.5
6 ジャンダルム 15.9

 

人気はこの時点ではレシステンシアが2.0倍の1番人気。

続いてピクシーナイト、カレンモエまでが10倍未満のオッズとなっている。

こちらも戦前の予想とは少し異なる人気順となっているが、どうやらレシステンシアが断然人気になりそうな売れ方となっている。

 

セントウルステークス2021 展開予想

展開はシャンデリアムーンかジャスティンのどちらかがハナに行きそうだが、恐らくシャンデリアムーンのほうがハナに行く可能性が高いか。

人気処の位置取りは、好位の3~4番手にレシステンシアとカレンモエが付け、ピクシーナイト、ジャンダルム、ラウダシオンの3頭中団付近のポジションとなりそう。

シャンデリアムーンが逃げると想定した場合、600M通過は32秒台半ばぐらいの平均よりも速めのペースになりそうか。

 

セントウルステークス2021 見解

さて、今年のセントウルステークスは17頭立てとなりましたが、3週間後に迫ったスプリンターズS(G1)を見据えたかなりの好メンバーが揃ったかと思います。

 

週の始めにアップしたブログの記事やYoutubeの動画ではピクシーナイトを推奨しましたが、期待勝率???%で指数順位は2位となっています。

ピクシーナイトはモーリス産駒の3歳牡馬で前走はCBC賞(G3 小倉芝1200M)に出走し、2番人気で2着となっています。

その前走のCBC賞はファストフォースが日本レコードで逃げ切るような超絶超高速馬場でしたので、それでも中団からシッカリと脚を使って0.1秒差まで差を詰めましたので、負けて強しの内容だったと思います。

今回、2戦2勝の中京芝コースならこのメンバー相手でも十分勝ち負けになるとみています。

 

そこで、このレースは当初の予定通りピクシーナイトを軸とする馬券を組みたいと思います。

相手馬の絞り込みについては、この後のYotube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

結論の印と買い目は、有料会員の方には別途、明日の午前中までにメールを送らせて頂きます。

 

また、明日の「F式」対象全鞍のラインナップは「激熱」3鞍、「万券予告」1鞍の合計4鞍となっています。

「F式」厳選1鞍の対象レースは、明日は「激熱」の2鞍目から行く予定ですが、最終的に絞った買い目については明日の午前中までに配信させて頂きます。

 

最後に・・・

この後22時から明日の「京成杯オータムハンデキャップ(G3)」「セントウルステークス(G2)」に関するYoutube生放送を行いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

「競馬新聞ゼロ」 Youtubeチャンネル
⇒ https://www.youtube.com/channel/UCBDdRc7wovawI90dAvSsIhg

 

明日も、どうかご期待下さい!

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

タイトルとURLをコピーしました